忍者ブログ
初倖(うゆき)がお送りする 独り言ブログ。 /「なづゆき」「帝雅」って名前も使ってる/ 大した事は書けませんが 基本的に日常的な記事が無ければ 詩や小説、論などを記しています。 ペットのことや、その日あったことも書けたらなあ。 読んでくださるっていう方は 是非ともコメントお願いします。 ツイッター 本垢  @_other_world_ コス垢 @nadu_cos
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




最後まで読まないで。(夢)

 

 悪夢を見た。ひどい悪夢だ。

 空を切る鳥が太陽を遮り、路地裏の生臭い風が漂う。いやに気分が悪くて、それでも走る。

 私は逃亡者で、世界中の人々から非難されている。確か二人だけ仲間が居たと思う。所詮夢だ、名前なんて忘れた。

 逃げている意味はただの手違い。ただの手違いで人を殺してしまった。その場で自主すればいいのに、隠れて逃げようとなんてしたから、私は立派な指名手配犯。

 あんなことをしたのは私じゃない。私なんかじゃない。人をオモチャのように扱い、ツメを剥がし、眼球を抉り、舌を引き抜き、四肢を千切り、全身に針を刺していくなんて、人間のやることじゃないもの。

 ゴミ箱の後ろに隠れたり、マンホールに下りて下水道に流れたり。それでもそれでも追手は来る。

 二人の仲間は居なくなった。一人目は追いかけてきた警察官に撃たれた。足を撃ち抜かれ、走れなくなったところを捕らえられてしまった。もう一人は……なんだったっけ。

 とにかく最悪な夢だった。最高の悪夢だった。

 悪夢は目が覚めれば終わるんだ。正常な意識をもって『ああ、夢か』と胸を撫で下ろす。

 夢でよかった。

 現実では、私はもっと全うに生きるのだ。犯罪なんかに手を染めず、無難に、平凡に、普通に生活するのだ。

 夢の中では、どちらが夢かわからなかった。夢が現実だって思ってた。

 きっと、これが現実だよね。

 ベッドに寝られるくらい、平穏な日常を送っているものが、私の日常。

 外からはスズメの声が聞こえるし、カーテンの隙間からは太陽の光が差し込んできている。

 大きく四肢を広げ寝転がったベッドの上で、引き戻された現実におはようをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平凡な日常って、誰の日常だったかしら。

 

 夢から覚めた私は、きっと今から、オモチャのように扱われ、ツメを剥がされ、眼球を抉られ、舌を引き抜かれ、四肢を千切られ、全身に針を刺され、そして食べられるのだろう。私を見下ろす、憎悪に塗れた目をしたヒトたちの手によって。

 

 私が悪夢の中で殺したのは誰だったっけ? 私が空腹によって食べた人の名前はなんだったっけ?

 

 大きく四肢を広げられ、手足首を固定され寝転がった台の上で、引き戻された現実にさよならを告げる。




参加してます!↓ぽちっと! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/29 かりんとう]
[11/07 あきえ]
[04/07 ざき]
[03/27 ざき]
[11/28 カワウチョ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
初倖
性別:
女性
職業:
ニートじゃないよ!
趣味:
絵描き、物書き、カラオケ、コスプレ
自己紹介:
うだうだしてます。
腐女子ですよ。
テンションの高い人、又はノリの良いひととなら気軽に絡めます。

コスプレ活動しつつ社会人で(逆)気ままに過ごしてます。
趣味で小説を書き詩を書き絵を描く。
Pixivに生息してます。



相互リンクはいつでも募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
Copyright ©  -- もきゅもきゅすんぞ! --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]