忍者ブログ
初倖(うゆき)がお送りする 独り言ブログ。 /「なづゆき」「帝雅」って名前も使ってる/ 大した事は書けませんが 基本的に日常的な記事が無ければ 詩や小説、論などを記しています。 ペットのことや、その日あったことも書けたらなあ。 読んでくださるっていう方は 是非ともコメントお願いします。 ツイッター 本垢  @_other_world_ コス垢 @nadu_cos
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





最後まで読まないで。(罪)

 




 

からりと乾いた空気が身に染みる。分厚いジャケットを羽織り、マフラーをして、防寒対策ばばっちりなのに、それでも寒い。

持ってきた小さなカイロを摺り寄せ、温まろうとするけれど、そんなものは周りの寒さに当てられてぬくもりをなくしていた。

風が吹くと、落ちた枯葉がからからと音を立てる。虎落笛も聞こえてくるし、より冷たさを感じるから、この時期の風は敵だ。

「さーむいっ!」

隣を歩く女が叫んだ。

「さむいさむーい! 風、まじ、なんなの!」

「……言っても寒さ変わらないだろ」

「寒いから寒いって言ってんの! あたしが冷え症なこと知ってるでしょ!」

彼女は一段と着込んでいて、もっこりとした服装に、マフラー、耳当て、手袋と完全装備だ。

寒いなら室内に入ればいい、と思うけれど……そうもいかない。いまは列に並ぶ真っ最中だ。

有名店限定販売のパンケーキ、それを目当てに朝から並んでいる。彼女はほかの友達と行く予定だったのだがドタキャンされ、なんだかんだ暇を持て余していた俺を誘ったらしい。

「あんたのジャケット、よこしなさいよ!」

「やだよ。俺が寒くなるだろう。しかもそれ以上どうやって着るんだよ」

「なによぉ、誘ってあげたのに!」

「あ、じゃあ帰ります。寒いんで」

「うそうそうそ! ごめん! 一緒に並んでてください! ひとりはいやあ!」

彼女の甲高い声を聴き流し、少しざわつき始めた前方を見ると、開店の準備に取り掛かられていた。

ようやく扉が開けられ、店員の「どうぞ」の声が聞こえる。それに気づいた彼女も、ようやっと笑顔になった。

「あいた! やっと入れるう!」

わりと早くから並んでいたので、入り口にも近く、扉向こうの暖かな空気がふんわりと肌を撫でる。前の何組かが入り席について、俺らも中へ案内された。

小洒落たアンティーク調のカフェ。ブラウンベースの店内には、ドイツ語文字のステッカーがちょこちょこ見られる。

二名席に誘導されて、彼女と向かい合って座る。限定メニューを食べに来た彼女と違って、ノープランだった俺は初来店のメニューをめくり、ぱらぱらと見た。

ふむ、やはりパンケーキが一番の推しらしい。珈琲もおすすめか。しかし目についたチョコのケーキが気になったので、それにすることにしよう。

店員がさっそく現れた。彼女は俺のことなんて気にせずさっさと呼んでいたらしい。互いに注文をして、俺は水に口を付けた。

彼女をちらりと見ると、携帯をいじっていて見向きもしない。俺も手持無沙汰なので、持参した小説を取り出した。

しばらくすると再度店員が現れて、パンケーキとチョコケーキ、それにセットで頼んだ飲み物を置いて去って行った。

彼女が行儀よく手を合わせ、「いただきます」と言ってパンケーキを食べ始める。一口食べて、んーっと唸ったあとに、口を開いた。

「おいしっ! 並んだ甲斐あった」

「それはよかったね」

チョコケーキもなかなか美味しい。

紅茶を一口飲んだ彼女が、じっとこちらを見てきた。

「……なに、食べたいの?」

「ううん、うれしいだけ」

なにが、と訊こうと思ったけれど、そういえば当初の目的の限定パンケーキを食べれたことかな、と思い当ったのでやめた。

すると彼女は、訪ねてもないのに、言ってきた。

「ほんとは、最初から、あんたとふたりで来たかったんだよね。ここじゃなくてもいい、どこでもいいから、あんたとふたりでどっか行きたかった」

どういうことだよ、と尋ねる間もなく。

「あたし、あんたのこと好きだからさ」

突然の告白。

「ま、聞かなかったことにしといて」

チョコケーキどころじゃあなくなった。

でも、本当に言わなかったかのように、ふつうに彼女に、俺はなんにも言わず、その日はカフェだけでお開きになった。

……なんのために、俺が珍しくこんな身支度したと思ってんだ。買ったばかりの黒のジャケットを着て、朝から髪をセットして。

次に彼女に会ったら、こんな寒い日につき合わされた仕返しに、サプライズをしてやろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だけど。

次、なんてなかった。

彼女は、遠く離れていってしまった。

会社の屋上から飛び降りて、即死。

遺書もあったそうだ。

話によると、会社の同僚数人に強姦されたらしい。泣き叫ぶ彼女を無視し、輪姦した。

俺が最後に彼女に会ったときに、聞かないフリをせず、ちゃんと自分の気持ちを伝えていればどうなっていたのかな。

そんなこと、いまさら思ったって仕方なかった。

 

 

『男性会社員数名を殺害した容疑で逮捕されていたY氏が、本日未明、死刑宣告をされました』

 

 

君と二度と会えないなら、君のために――。

 


参加してます!↓ぽちっと! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/29 かりんとう]
[11/07 あきえ]
[04/07 ざき]
[03/27 ざき]
[11/28 カワウチョ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
初倖
性別:
女性
職業:
ニートじゃないよ!
趣味:
絵描き、物書き、カラオケ、コスプレ
自己紹介:
うだうだしてます。
腐女子ですよ。
テンションの高い人、又はノリの良いひととなら気軽に絡めます。

コスプレ活動しつつ社会人で(逆)気ままに過ごしてます。
趣味で小説を書き詩を書き絵を描く。
Pixivに生息してます。



相互リンクはいつでも募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
Copyright ©  -- もきゅもきゅすんぞ! --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]